ビューラーの扱い方について

 

まつげのカールをしっかり決めるには、ビューラーの正しい扱い方をマスターする必要があります。
そのためには、以下のポイントを抑えてください。
まず、「テーブルに置けるタイプの鏡を使うこと」。
上から覗き込む形にすると、付け根の所が見えやすくなります。
ですから、化粧台の正面の鏡ではなく、テーブルに置ける物を使いましょう。
次に、「まつげの付け根から、しっかり当てること」。
カールが決まらないのは、たいてい挟み方が甘いのが原因です。
付け根に近付くほど、毛は太く硬くなるので、しっかり挟むようにしてください。
順番としては、「付け根」「中間」「毛先」の順でカールさせていきます。
その際、中間から先の部分は、ビューラーだとカールが決めにくいので、ホットビューラーを使うとよいでしょう。
毛先に沿って半回転させるようにすると、きれいに決まります。
三つ目は、「顎を引くこと」。
顎を引くと、角度の調整などもやりやすくなります。
四つ目は、「挟んだ状態をキープすること」。
しばらくキープすることにより、しっかりしたカールが作れます。
時間の目安は、5秒くらいです。
5秒挟んでも上手く決まらなければ、もう一度挟んで5秒キープします。
しっかりカールが固定されるまで、繰り返しましょう。

 

Comments are closed.